栄養障害 |松山市 整体

栄養障害

栄養障害 とは
先進国におけるビタミン欠乏症は、主に貧困、偏食、薬物、アルコール中毒、または長期かつ不適切な非経口的栄養補給によって引き起こされる。

ビタミンの摂取源

ビオチン

主な摂取源:レバー、卵黄、酵母、カリフラワー、ナッツ類、豆類
欠乏症:皮膚炎、舌炎、代謝性アシドーシス

葉酸塩(葉酸)

主な摂取源:新鮮な生野菜、葉菜、果物、内臓肉(レバーなど)、栄養強化シリアル類やパン類
欠乏症:巨赤芽球性貧血、先天性神経管欠損症

ナイアシン(ニコチン酸・ナイアシンアミド)

主な摂取源:レバー、赤身肉、魚、家禽、牛乳、豆類、
欠乏症:ペラグラ(皮膚炎・舌炎・消化管及び中枢神経不全)
中毒症:紅潮

ビタミンB2(リボブラビン)

主な摂取源:牛乳、チーズ、レバー、肉、卵
欠乏症:口角症、口角炎、角膜の血管新生

ビタミンB1(チアミン)

主な摂取源:全粒粉、肉(特に豚やレバー)、栄養強化シリアル製品、ナッツ類、豆類、イモ類
欠乏症:脚気、(末梢神経障害・心不全)、ウェルニッケ_コルサコフ症候群

ビタミンA(レチノール)

主な摂取源:魚肝油、レバー、卵黄、バター、濃緑葉および黄色野菜、ニンジン、黄色果物
欠乏症:夜盲症、毛包周囲性角質増殖症、眼球乾燥症、角質軟化症、
中毒症:頭痛、皮膚剥離、肝脾腫大、骨肥厚

ビタミンB6群(ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン)

主な摂取源:内臓肉(レバーなど)、魚、豆類
欠乏症:痙攣発作、貧血、神経障害、脂漏性皮膚炎
中毒症:末梢神経障害

ビタミンB12(コバラミン)

主な摂取源:肉類(特に牛・豚および内臓肉)、魚、家禽、卵、牛乳および乳製品
欠乏症:巨赤芽球性貧血、神経学的欠損(錯乱・感覚異常・運動失調)

ビタミンC(アスコルビン酸)

主な摂取源:かんきつ類、トマト、イモ類、ブロッコリー、イチゴ、甘唐辛子
欠乏症:壊血病(出血、歯のぐらつき、歯肉炎、骨欠損)

ビタミンD(コレカルシフェロール・エルゴカルシフェロール)

主な摂取源:肌への紫外線照射
欠乏症:くる病(時にテタニーを伴う)、骨軟化症
中毒症:食欲不振、腎不全、転移性石灰化

ビタミンE群(αトコフェロール)

主な摂取源:野菜および小麦の胚種油、ナッツ類
欠乏症:赤血球溶血、神経学的欠損、クレアチン尿症
中毒症:出血傾向

ビタミンK群(フィロキノン・メナキノン)

主な摂取源:生野菜、葉野菜(特にコラード、ほうれん草)、豚、大豆
欠乏症:出血、骨減少症

トップページ

栄養障害