運動 やスポーツについて

運動

運動

学校の部活や社会人でチームを組んでスポーツを楽しまれている方はたくさんいらっしゃるでしょう。
体を動かすことで汗をかき、ストレスを発散することが出来ます。
しかしスポーツをされている方はスポーツ障害に気をつけなければいけません。
整骨院というとムチ打ちや交通事故の施術を行っているというイメージを持たれている方もいらっしゃいますが、スポーツ障害にも対応している整骨院もありますのでお困りの方は早めに足をお運びください。

捻挫

転倒するときにきちんと着地することが出来ず足をひねったときに、関節を痛めつけ靭帯や腱を損傷してしまうことを言います。
捻挫をされた経験がある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

捻挫をすると捻挫した部分が腫れてしまうことがあります。
痛みや腫れがなくても軽く見ているとあとあと癖になってしまうのでケアをすることが大切です。
エクササイズ、サポーターやテーピングなどを使って捻挫しないように予防されている方もいらっしゃいます。

疲労骨折

疲労骨折はスポーツをされている学生様によく見られる怪我です。
普通の骨折のイメージをされる方も多いですが、疲労骨折はトレーニングなどで毎日部分的にかかる負担によって骨折をするのです。
繰り返すように同じ部分に負担をかけていると骨へのダメージは大きくなってしまいます。
疲労骨折をすると安静が求められるのでスポーツを控えなければいけなくなってしまいます。

ゴルフ肘・野球肘・テニス肘

ゴルフや野球、テニスは肘を使うスポーツです。
ゴルフやテニスでは肘の外側に負担がかかり、野球では肘の内側に負担がかかっています。
クラブを振ったインパクト時、骨が出来上がっていない時に変化球のボールを投げるとき、ラケットをバックハンドでボールを返すときに負担がかかり痛みが出てしまうのです。

試合などでの怪我

試合などで、よく怪我をする方がいますがそういう方には似たような共通点があります。
よく言われるのが、準備運動不足(ウォーミングアップ)です。
これは、身体がまだ動くと認識出来ていない状態で動く為、起こる怪我です。
しかし、準備運動もしっかりやっているのによく怪我をする方もいます。
この方達の共通点は、試合直前までストレッチをしている人が多いです。
これは、コーチ・監督や治療の先生に「体が硬いからストレッチをしなさい」や「怪我をしないようにストレッチをする」といった場合や「以前に怪我をしたから念入りにする」など色々な理由があります。
これを言われた通りに試合などでの準備運動ですると大変危険です。
ストレッチ=準備運動というイメージがついていますが、ストレッチが最も重要なのは、整理体操(クールダウン)の時です。
これは、なぜかと言うとストレッチをしてしまうと一時的に筋肉(筋出力)が弱くなってしまう為です。
簡単に言うと筋肉の力がストレッチ前が100だとするとストレッチ後は70の力しか出せなくなります。
マッサージでも同じ現象が起こります。
つまり、準備運動や試合直前にストレッチをし過ぎてしまうと筋肉が弱い状態で身体を動かす為怪我をしてしまいます。
これは、オリンピックなどの大きい大会などでも見られ、特に陸上競技でスタート前にストレッチをしている選手はよく怪我をして棄権しています。
強い選手ほど、今から使う筋肉を動かす為にスタート練習(準備運動)をしているのがよくわかります。
なので、ストレッチは筋肉の疲れを残さない為、緊張している筋肉を弱くして早く回復する為にすると効果が大きいです。
ストレッチ≠準備運動ではなくストレッチ=クールダウン

試合で怪我をしない為には、しっかり試合で使う身体の筋肉などを動かす事が大事です。

松山市でスポーツ障害にお悩みの方は

スポーツ障害にはこのような種類があります。
当院は愛媛県松山市でスポーツ障害にも対応している整骨院です。
スポーツ障害に悩まれている方はご安心してご相談ください。
また、ヘルニアや手足のしびれでお困りの方もお問合せください。
インソールを使った施術も行っていますので、幅広い方に対応いたします。

トップページ

運動