骨化性筋炎

骨化性筋炎

骨化性筋炎 は、打撲後に発生するケースが多いです。
打撲によって内出血が起こり、それが血腫として貯留した状態が骨化性筋炎です。
通常は代謝される血腫が様々な要因で貯留してしまうことがあります。
自覚症状は痛みや硬さ、関節の可動域の制限です。
打撲から数週間から数カ月経過しても痛みや硬さが改善されない場合は、この疾患の可能性があります。

トップページ

骨化性筋炎