アキレス腱炎

アキレス腱炎

アキレス腱炎 とは
ふくらはぎの筋肉を過度に反復して収縮させることが、発症の原因となります。
具体的には短距離ダッシュやジャンプなどの瞬発動作の反復や、マラソンなどのように足首の運動を反復することで、症状が誘発されます。
過度に同じ動作を反復することで、アキレス腱は大きな負荷にさらされます。
また、それ以外でも慣れない靴などを履いてもなる事があります。
そのため微小外傷(マイクロトラウマ)が生じ、傷害に伴う細かい出血が起こります。
その後、組織の線維化が生じ、それにともない組織の癒着が起こります。
組織の癒着により、組織間の摩擦が起こるため、痛みが自覚されるようになります。

トップページ

アキレス腱炎