オスグッド病

オスグッド病

オスグッド病 とは
オスグッド病

オスグッド病は、成長期の中学生や高校生に見られる疾患です。
すねの骨の上部に脛骨粗面と言われる部分があります。
これは膝のお皿を真下にたどっていくと最初に触れる骨の出っ張りです。
この骨の出っ張りがジャンプ動作などを何度も反復をしたり、ダッシュを繰り返すことで、この部位に引っ張られる様な負荷がかかります。
このように同じ負荷が何度も繰り返されることで、炎症反応が起こり痛みが出ます。
これがオスグッド病と言われるものでよく間違えられるものでジャンパー膝というのがあります。
症状は運動中、運動後の痛みや腫れです。
痛みは鋭いことが多いです。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン