半月板損傷

半月板損傷

半月板損傷 とは
半月板損傷
半月板は膝の関節(大腿脛骨関節)の間にある軟骨状の組織のことです。
膝関節にかかる衝撃を吸収して分散する役割を持っています。
主に縦方向の衝撃吸収作用を持ちますが、捻り動作に対しても抵抗します。
半月板損傷は、半月板が損傷(断裂)してしまう症状です。
一度損傷してしまうと改善が難しい為、アスリートの場合、これが致命傷となって、運動を継続できなくなることが多いです。
検査方法としては、MRIが一般的ですがMRI検査を受けなくても、ある程度は推察できてしまいます。
確定診断の時にすることが多い。
また、半月板の症状も特徴的で膝に引っかかり感を感じます。
膝を曲げ伸ばしした時(屈伸など)途中で何かに引っかかる感触が現れます。
この時、同時に痛みが出ることも多いです。
また、この症状は、半月板のフィクセーション(可動域制限)が存在しても起こります。
痛みは鋭く、膝の奥の方が痛いという様な感じが出ます。
また、重傷でない限り、手術はあまりお勧めしません。
半月板の外側1/3には血管がよく発達しているため、回復のための栄養供給が早い為、この部位の損傷は、予後の経過も良好であることが多いようです。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン