変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症 とは

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、別名『O.A』といい、50歳以上の女性に多い疾患です。

代表的な特徴として膝の内側が痛み、重度だと正座が出来ないなどの可動域制限があります。
軽度だと始めの一歩を踏み出す時や階段を降りる時に痛みが出ます。

軽度の状態だと関節包の機能障害で適切な治療をすれば改善していきますが、重度つまり変形が完成してしまった又は変形してしまった関節(骨)は、手術で削るしか治りません。
但し、変形=痛みではありません。

変形性膝関節症が痛みを出している時は、膝が変形段階ということです。
つまり、膝に痛みがある段階では痛みなどが改善する可能性があるということです。
逆に変形があるのに痛みが無い方は、膝が完全に変形してしまったという事なので治すには手術しかありません。

変形性膝関節症の主な原因は、長期間に続く炎症と痛みです。

よく、『半月板が潰れているのが原因でなった。』などを聴きますがこれはあくまで痛みを庇う為に重心が後ろと外側に移動して半月板に過度の負荷がかかってなっただけなので、変形とは関係ないことが多いです。

変形性膝関節症で一番多いと言われているのは、関節包の機能障害です。
次に半月板の可動域制限などが続きます。

つまり、変形性膝関節症は早い段階で処置をして炎症や痛みをとらないと酷くなていく疾患で最終段階になると急に痛みが無くなっていく疾患でもあるのです。

変形性膝関節症で気になる事がありましたら一度ご相談ください。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン