梨状筋症候群

梨状筋症候群

梨状筋症候群 とは
梨状筋症候群

梨状筋とは、臀部(お尻)の深層にある筋肉です。
坐骨神経痛で有名な症状です。
梨状筋の下には坐骨神経が下方へ走行しています。
梨状筋の異常(炎症や過緊張など)により、坐骨神経が刺激または圧迫を受けることがあります。
このようなケースにおいて、坐骨神経痛が自覚症状として現れます。
痛みは臀部から太ももの後面から外側、膝裏、ふくらはぎにかけて下肢(脚)全体に自覚症状としてでます。
※個人差がある為、部分的な人もおられます。
臀部は、鈍痛で深いところから来るような痛みであり、太ももからふくらはぎにかけての痛みはしびれ感が強いようですが個人差があります。
足の裏などに感覚異常が現れることもありますが、この場合は麻痺(感覚が鈍い)であることが多いです。
梨状筋症候群では、梨状筋が何らかの要因で過剰な緊張状態(または炎症状態)になることで、その下側を通る坐骨神経を刺激(圧迫)することが、その発症のメカニズムとなります。
長時間、椅子に座っていると足がしびれてきたりする人は、梨状筋症候群の可能性があります。
比較的、筋肉量が少ない女性に多いというデータもあります。
しかし、梨状筋そのものの問題でないこともよくあり鑑別も根本的な症状の改善には重要となってきます。
梨状筋の過度の緊張は二次的な原因であるということが多いようです。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン