腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎 とは

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎は、腸脛靭帯摩擦症候群とも呼ばれています。

腸脛靭帯は大腿部(太もも)の外側から膝の外側に向かって伸びています。
腸脛靭帯摩擦症候群では、膝の外側に痛みを訴えます。
膝の外側の痛みとしては、もっとも多い原因と言われています。
マラソンランナーのように長距離を走ることで、膝に過剰な負荷が加わります。
膝関節の運動(曲げ伸ばし)が過剰に繰り返されることが、発生のメカニズムです。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン