足底筋膜炎

足底筋膜炎

足底筋膜炎 とは
足底筋膜炎

足底部には足底筋膜(腱膜)と呼ばれる強力な組織があります。
痛みは土踏まずから踵にかけて現れます。
特に朝起きて、第一歩を踏み出す時に鋭い痛みを感じます。
長距離のランニングや長時間の立ちっぱなしなどが原因となりますが、扁平足も原因の一つです。
足底筋膜(腱膜)そのものが痛みの原因となりますが、その周辺軟部組織や関節の運動障害なども関与していることが多くシンスプリントなども併発することもあります。
重要なのは、症状の再発を反復させないということなのでインソールなどでサポートすることをお勧めします。
そのためには、足底筋膜炎に至ったメカニズムを突き止め、その部位(大抵自覚症状として現れていない部位)の治療を行うことが肝要となります。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン