インピンジメント症候群

インピンジメント症候群

インピンジメント症候群 とは
インピンジメント症候群
インピンジメントというのは、日本語で「衝突」を意味し衝突症の事でよく肩で起こる症状です。

肩関節は上腕骨(二の腕)と肩甲骨によって構成されています。
上肢(腕)を頭上に挙げていく際、上腕骨と肩甲骨の一部の間隔が狭くなります。
インピンジメント症候群では、この間隔が通常よりも狭くなっています。
つまり腕を上げた際に間接的に骨と骨がぶつかり(衝突)して痛みが出ます。
衝突する骨と骨の間に筋肉(棘上筋)などの軟部組織が挟まり損傷が起こります。
状態が悪化したら腱板症や五十肩と呼ばれるものになります。
このようなコンディションで腕の挙上運動を反復すると、軟部組織の炎症が発生します。
これがインピンジメント症候群といい他の関節にも見られます。
また、肩での棘上筋・上腕二頭筋長頭腱・肩峰下包などが炎症の好発部位になります。
痛みは肩に局所的に現れ、腕の挙上に伴い鋭さが増していきます。
水泳、野球、バレーボールなどの腕を大きく動かす選手に多く見られる疾患で治療は関節で発生している運動障害の改善が主要なものとなります。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン