円回内筋症候群

円回内筋症候群

円回内筋症候群 とは、前腕にある円回内筋という筋肉の下を通る正中神経の圧迫が起こっています。
正中神経が圧迫されることで、腕から手、指にかけての痛みやしびれなどの感覚異常が起こります。
指先、手首を繰り返し使うことが原因となる為、腱鞘炎・外側上顆炎や痺れがある場合では、手根管症候群と間違えられやすい疾患です。
基本的には、前腕にある筋肉の過剰な収縮が原因となる為、腱鞘炎などと間違えてマッサージなどをしてよくなる事もたまにあるようです。
しかし、確りした検査で確認しないと中々改善しない症状の1つです。

トップページ

円回内筋症候群