外側上顆炎(テニス肘)

外側上顆炎(テニス肘)

外側上顆炎(テニス肘) とは
肘の痛みでも比較的多く見られる症状です。
一般に肘関節の外側に鋭い痛みが現れます。テニスのバックハンドでボールを打った時に痛みを自覚することが多く、酷くなるとカバン等を持ったときや、雑巾を絞る時にも痛くなります。

テニス肘という症状名ですが、テニスをやる人にだけ起こる症状ではありません。
ゴルフや野球、バトミントンなどの選手にも見られます。スポーツでもラケット競技(または何か手に持って行う競技)の選手に多発します。

もっとも典型的な原因は、短橈側手根伸筋という筋肉の腱の変性(腱症と言います)によるものです。
テニス肘の方の場合は、繰り返し同じ負荷を加えることにより、変性が進行してしまっている状態です。
最悪の場合、その変性部位が断裂します(つまり、腱の断裂)。
また、変性ですので、中学生や高校生等の若い患者さんは稀です。
多くは30代、40代以上になります。
そして、意外と多いのが、回外筋症候群や橈骨管症候群と呼ばれるものです、これらは一見するとテニス肘のように見えます。
症状が似ているために、先述した短橈側手根伸筋腱起因のテニス肘という前提で治療を行ってしまう場合がありますが、結果は思わしくありません
回外筋症候群も橈骨管症候群もキーポイントは橈骨神経です。
従って、神経起因の問題としてこの症状を扱わないと、結果がなかなか伴ってこないでしょう。しかし、治療の前にまずは鑑別診断ができなければなりません。

トップページ
外側上顆炎(テニス肘)