手根管症候群

手根管症候群

手根管症候群 とは、手首や指を過剰に使うことで誘発される疾患で症状としては、しびれや痛み、感覚麻痺などが起こります。

手首の前面(手のひら)には、手根管と言われるトンネルのような部分があり、この中には筋肉や神経(正中神経)などが通ります。

正中神経の知覚支配領域は、親指から薬指にかけてで、手根管症候群の症状は、この部分に起こります。
また、症状は就寝中に悪化(夜間痛)することが多く、手の痛みやしびれで目を覚ますこともあります。
慢性化すると親指の付け根の部分にしわが現れてきます。これは筋肉の萎縮を意味しています。
そのため親指に力が入りづらくなり、握力が低下します。
これは、正中神経が麻痺を起して猿手と呼ばれる状態です。
また、同じような症状に円回内筋症候群というのもあります。

トップページ

手根管症候群