肘部管症候群

肘部管症候群

肘部管症候群 とは
肘部管というのは、肘の内側にある構造です。
肘部管には尺骨神経が通っています。
肘をどこかにぶつけたとき、指先がその瞬間、しびれた経験をした人は少なくないと思います。これは尺骨神経が刺激されることに起因しています。
肘部管症候群では、肘の内側にある肘部管における尺骨神経への刺激や圧迫が起こっています。
主に肘を曲げた状態にしていると症状(痺れなど)が出る方は、注意して下さい。
自覚症状は、前腕内側から小指、薬指、中指の知覚異常(しびれや感覚麻痺など)です。慢性化すると指先のこわばりなども現れてきます。

トップページ

肘部管症候群