腱板損傷(ローテーターカフ損傷)

腱板損傷(ローテーターカフ損傷)

腱板損傷(ローテーターカフ損傷 とは

肩甲骨に付いている腱板のことをローテーターカフといいます。
肩の深部にある筋肉群の総称です。
棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉によって構成されています。
これらの筋肉の中でも棘上筋と棘下筋は表層の烏口上腕靭帯で覆われ、その深層の各筋肉が独立した太い腱線維を有してさらに深層では、細い両筋の腱線維が複雑に入り乱れた構造になっている。

これらの筋肉は、肩関節を安定化させるために大変重要な働きを持っています。
つまりローテーターカフの損傷によって、肩関節の安定性が失われ(肩関節不安定症)、それによって運動時の不安定感や痛みを引き起こします。
ローテーターカフの中で特に傷めやすいのが棘上筋です。野球の投手、槍投げ選手などに多く見られます。
これにより、棘下筋が委縮を起こす事もあります。
腕を頭上に持ち上げる動作や、投球モーションで肩に痛みを訴えます。
病院では、五十肩と言われることも多いです。
痛みは鋭いことが多く、重度の場合は日常生活のちょっとした動作(髪を洗う、服を着るなど)でも痛みを訴えるようになります。
損傷部位には、多かれ少なかれ出血が伴いますので、線維化が起こります。
それに伴い、周辺組織との間で癒着が生じてきます。
治療は線維化と運動障害の改善になります。

トップページ

腱板損傷(ローテーターカフ損傷