野球肘(リトルリーグ肘)

野球肘(リトルリーグ肘)

野球肘(リトルリーグ肘) とは

野球肘(リトルリーグ肘)

野球肘(リトルリーグ肘)とは、この名前が示すとおり野球選手に多い疾患です。
ほとんどの患者は中学生から高校生が一般的で症状は利き腕側の肘に鋭い痛みが走り、運動(投球)に伴い発生します。
投球モーションでは、ボールを投げる瞬間(ボールのリリースポイント)で痛みが発生します。
特に若いうちから変化球をよく投げる子が多いようです。
肘の内側または外側に痛みが現れますが、それぞれの痛みの原因は異なります。
投球時のボールを投げる瞬間、肘関節の内側は開き、外側は閉じています(圧迫)。
このとき、肘内側には牽引力が作用し、外側には圧迫力が作用しています。
肘内側が牽引されることで、内側上顆と呼ばれる突起部位に反復の負荷が加わり、この部位の損傷が起こります。
重症の場合、この骨が剥離(成長段階で弱いため)してしまうこともあります。
肘外側には圧迫力が作用しますが、このとき関節軟骨に損傷が起こります。
関節軟骨の一部が損傷して関節内で剥がれます。
関節内で剥がれた関節軟骨は浮遊(浮遊軟骨または関節ねずみ)します。

これは、離断性骨軟骨炎と呼ばれる症状です。

離断性骨軟骨炎
関節内は滑液という栄養素を含んでいます、その栄養を吸収し、剥がれて浮遊している軟骨の断片が大きくなっていきます。
ある程度の大きさまで成長すると、運動に伴い関節の間でひっかかるような感覚(関節のロック)が現れてきます。
これは特に肘を伸ばしていくときに顕著となります。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン