椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア とは
椎間板(ヘルニア)からくる腰痛の原因は僅かな割合を占めているに過ぎません。

椎間板障害(ヘルニアや椎間板退行変性など)が原因である場合、保存的な治療(手術をしない)は構造的不全を持つ時間の短縮や回復後の状態を考慮した上で非常に価値があります。
しかし、反面では不適切な保存的治療(長期間の安静や過度に捻る矯正など)は、機能不全を増加させる原因となる。
また、年齢に伴う椎間板の退行変性を避ける事は不可能であり、退行変性の進行は不適切な治療や患者さん自身による構造の酷使などにより加速される。
これらの原因を排除する事により進行を遅らせる事が可能である。

トップページ

椎間板ヘルニア