胸郭出口症候群(TOS)

胸郭出口症候群(TOS)

胸郭出口症候群(TOS) とは、腕の神経の束(腕神経叢)が頚部から上肢に至る間に狭い間隙で絞扼を受ける絞扼神経障害のことです。
絞扼部で受ける力学的ストレスにより、圧迫型と牽引型にわかれる。
胸郭出口症候群の症状は、様々あるが主に知覚障害(しびれ)と運動障害が生じる。
それ以外では、チアノーゼや浮腫・「寝る時、頭を高くしないと寝れない」などの症状もあります。
神経が圧迫を受ける場所は3か所ありそこがトンネルのようになっている。
このトンネルが絞扼(圧迫)されると症状が出てくる。

斜角筋症候群
胸郭出口症候群(tos)

1) 斜角筋隙
このトンネルは、前斜角筋・中斜角筋・第1肋骨の3つで構成されている。
また、デスクワークなどで頚部に疲労が溜まると前斜角筋と中斜角筋が緊張を起こし長期間放置すると第1肋骨が上に変形していきトンネルが狭くなります。
これにより、寝違えなどが起こしやすくなります。
斜角筋症候群と呼ばれています。

肋鎖症候群

2) 肋鎖間隙
このトンネルは、斜角筋隙を通過した後すぐにあるトンネルです。
鎖骨と第1肋骨で構成された「骨性のトンネル」になります。
基本的には、なで肩の方に多く見られる圧迫部位になりますが斜角筋隙の悪化でも同じ事がおこります。
その為、腕を上げると症状がマシになります。
肋鎖症候群と呼ばれています。

過外転症候群

胸郭出口症候群(TOS)

3) 小胸筋下間隙
このトンネルは、小胸筋と烏口鎖骨靭帯で出来ている「線維性トンネル」になります。
このタイプは、肩が前に出ているような姿勢になっている事が多く、肩を上に挙げると(外転)症状が強くなる為、過外転症候群と呼ばれています。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン