脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症 とは
最近この症状を整形外科で診断されて来院される方が増えています。
脊柱管狭窄症は文字通り、脊柱管が狭窄(狭くなること)してしまう疾患です。
その原因はさまざまです。
具体的には以下のようなものがあります。
• 靭帯の肥厚(石灰化)
• 椎間板ヘルニア
• 骨棘
• 腫瘍
• サブラクゼーション(関節機能異常)
脊柱管には脊髄があり、そのすぐ横には椎間孔という孔が空いており、そこには神経根があります。

脊柱管狭窄症では脊髄や神経根が圧迫または刺激を受け、神経性症状(手足のしびれや脱力感)を呈します。

治療法は症状の程度に応じて決まります。
腫瘍などの場合、外科的手法に頼る以外方法がありません。
カイロプラクティック的には、矯正(アジャスメント)により局所的な問題を改善させることと、全体的な問題(悪い姿勢など)を改善させていくことが、その治療方針になります。

トップページ

脊柱管狭窄症