頸椎ヘルニア

頸椎ヘルニア

頸椎ヘルニア では、椎間板の突出が起こっていますが、それと同時に椎骨の位置異常(サブラクセーション)も発生しています。
椎骨の位置異常により、椎間板へかかる圧迫力が不均一になり、圧迫力が強く加わっている部分を外に押し出す(ヘルニア)ことになります。
カイロプラクティックでは、椎骨の位置異常(サブラクセーション)を矯正(アジャスメント)で改善させることで、椎間板にかかっている負荷を除去し、ヘルニアを改善させます。
頚椎ヘルニアによる弊害には以下の2つがあります。
1. 頚神経への刺激・圧迫
2. 脊髄神経への刺激・圧迫

頚神経刺激症状
主な症状は頚部から上腕、指にかけての痛みやしびれ、感覚麻痺です。稀に握力低下などの脱力感が自覚されますが、この場合は症状が慢性化している可能性があります。
その他の自覚症状の特徴としては、首から肩甲骨の内側にかけての電気を流したような痛みです。

脊髄刺激症状
脊髄神経が圧迫・刺激された場合、上肢への関連痛(手、腕のしびれや感覚麻痺など)が主症状になります。
これは片側の上肢に現れます。

慢性化するに従い、上肢の筋力低下が起こります。
握力の低下や指先の細かい動作が難しくなったりします。
脊髄の圧迫・刺激は、さらに深刻な症状を引き起こします。
この場合は手や腕の感覚異常だけでなく、脚のしびれなどの原因にもなります。
さらに体幹(わき腹や背中など)にも感覚異常が見られるようになります。

また比較的早い時期に筋力低下が起こり、この症状は四肢(手足)に及びます。以下のような症状がある場合は、要注意です。
• 手足のこわばり
• 運動に伴う脱力感
• 長時間(10分以上)の歩行困難
• 以前よりも転倒が多くなった
• 排尿時の痛みや残尿感

トップページ
頸椎ヘルニア