オステオパシー

オステオパシー

オステオパシー とは
オステオパシー

A・T・スティル
オステオパシーとは、1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって発表された自然医学です。オステオパシーの由来は、ラテン語で『骨』を意味するオステオン(osteon)と『病理・治療』を意味するパシー⇒パソス(pathos)を合わせた造語で、オステオパシーを『整骨医学』と訳す事があります。
しかし、これは大きな間違いで、オステオパシーが対象とするものは人体をつくる要素(骨、筋肉、神経、血管、リンパ、内臓、靭帯など)であり、決して『骨』だけを対象にしたものではありません。
また、スティル博士は人間を『Body(体)、Mind(精神)、Spirit(魂)』の三位一体としてとらえていたように『心・精神』も重要であると考えています。
これは、体を一つのユニットとして考えている為、どれか一つでも異常が出れば全て調整しなければいけないと考えられます。

現在のアメリカには二大医学、1つは普通の医学(一般医学)でもう1つがオステオパシー医学がある。

日本におけるオステオパシーの歴史

日本におけるオステオパシーの歴史は、「オステオパシー」という言葉が大正時代、昭和初期に発行された手技療法関連の書物の中に盛んに出てくる。
しかし、これは当時アメリカのオステオパシー教育内容(技術など)とは全く関係なく自己創造のテクニックをオステオパシーの名前で掲載しているものが多かったようです。

1965年に唯一初めてアメリカン・オステオパシー教会に招かれ、技術交流をしたのは、日本武術医学の創設者、中山清先生です。

その後、アメリカのオステオパシー界では18世紀代後半から19世紀前半において日本の武道(特に柔術)に伝わる「活術」の研究がなされたという記録があり武道医学(整骨・整体・活法など)と深く関わりがあります。

オステオパシー とは

オステオパシーは大きく分けて3つあります。

1.骨格のバランスの調整

 ご存知の様に骨は筋肉が動かしています。
肘や膝のような大きく動く所ばかりでなく、背骨(頚椎、胸椎、腰椎)もそうです。
では、骨はなぜずれるのでしょうか。
それは、骨を動かす筋肉や筋膜、靭帯の前後左右のバランスが崩れたために起こるのです。
ですから、何も骨に外力を加えて押し戻さなくても、その原因である部分のバランスを取ると、骨を触らなくても正常な位置に戻ります。
体の痛みは、骨のずれによる神経の圧迫だけでなく、筋肉や筋膜が縮んでるのに無理に動かそうとすると引っ張られて痛みが出ます。
また、長い間筋肉を動かさなかったり、縮んだままにして置くと、筋肉がしこり状に固まり、血管や神経の圧迫を伴い凝り感や痛みが出ます。
この療法では、これらの筋肉や筋膜、靭帯を非常にソフトに解放しバランスを整えます。

2.脳脊髄液の流れの調整

脳脊髄液の流れ
 脳脊髄液の流れに異常が起きると、自律神経の狂い等原因不明の様な色々な症状が出ます。
脳脊髄液は、頭蓋骨から骨盤の仙骨まで背骨の中を通っている脊髄の周りが膜で被われていてその中を流れています。
これは、背骨のずれで流れが悪くなる事もありますが、頭蓋骨のずれや仙骨のずれによって起こる事が多いです。
頭蓋骨は沢山の骨で出来ていますが、ヘルメットの様に一体ではなくいくつかに分かれて、それぞれ固有の動きをして脳脊髄液の圧力を保つとともに、循環させる役割をしています。
これを調整するのを頭蓋仙骨療法と言って、まるで卵を触る様に優しく調整するとても気持ちがいい療法です。

3.内臓の活性化

昔から、東洋医学で言われているように、内臓の不調が体の痛みや各種症状に出ます。
目や耳に現れたり、筋肉の凝りとして出る事もあります。
内臓は、それぞれが消化運動等とは別に、独自の動きをしており、機能低下しているときはこの動きが狂っていたり、ほとんど動いてなかったりします。
これも、体表から調整するのが、内臓マニピュレーションです。
欧米では無血手術とも呼ばれています。

トップページ

店舗の口コミ・ランキングサイト - エキテン